心を癒すバッチフラワーレメディ
バッチフラワーレメディはペットも癒し、本来のバランスを取り戻す強い味方に
バッチフラワーレメディとは?
バッチフラワーレメディイメージ画像

バッチフラワーレメディは、38種類の花のエネルギー(1つは岩精水)が、感情や精神のバランスを取り戻す癒しのシステムです。イギリスのエドワードバッチ博士が考案したもので、花のもつエネルギーがマイナスの感情をプラスに変化させることで、心の状態が改善します。そして、それによって、本来備わっている自然治癒力が高まり、心と体の健康を導くというものです。
レメディには、化学的成分は入っていません。38種類のレメディから、そのときの体調や体質、感情などを考慮して選択して使います。習慣性や副作用もなく、他に何か薬を服用しているときでも併用できます。人も動物も植物たちにも安心して使えます。

「病は気から」というように、精神が健康でなければ、肉体も健康な状態ではいられません。また、「健康である」とは、単に病気でないことを言うのではなく、肉体的にも精神的にも、十分に満足した状態であることをいいます。バッチフラワーレメディが働きかけるのは、目に見えない心の部分です。動物(ペット)たちだって、人間との暮らしにおいて、たくさんのストレスを受けています。こわかったり、さびしかったり、つらかったりもします。人と同様に心のバランスの乱れがあります。バッチフラワーレメディは、こうした心のバランスの乱れを整えてくれる療法です。動物(ペット)たちに心のバランスの乱れがあるときは、いち早くそれに気付いてあげて、できるだけ早くに、その心を癒してあげることが大事なことだと思います。
安心して使用できるところもバッチフラワーレメディのいいところです。子供からお年寄り、犬・猫・うさぎなどの動物から植物までも安心して使用できます。その時々の感情をうまく汲み取り、私たち人も動物(ペット)も一緒に使っていくことをおすすめします。

こんな症状のペットには
バッチフラワーレメディーとわんちゃん

■ 心のデトックス・症状別のレメディ選び方 ■
例えば、、
・甘えん坊で、いつも飼い主さんにべったり ・・・・・・チコリー
・イライラ、せっかち、落ち着きがない・・・・・インパチェンス
・怖がりで臆病・・・・・ミムラス、アスペン
・ジェラシーを感じるけど直接言えない・・・・・ウィロウ
・パニック、心身のストレス・・・・・レスキューレメディ

これさえなおれば、もっと楽しい生活が送れるのに・・・
そう思うことありませんか?
こんな悩みが解決できる、家でもできる簡単な方法があったら・・・
そんな飼い主さんは一度試してみませんか?
かわいいワンコのために、今のうちからぜひ始めましょう!

よくある質問
バッチフラワーレメディは飲み水にも使えます

質問レメディは液体ですか?どのようにして使用すればいいですか?

回答

レスキューレメディは、液体やクリーム、ジェル、スプレー、キャンディなどさまざまな形状のものがございます。また、38種類単品のレメディは、液体です。海外のものは、保存料にウォッカなどのアルコールが使用されていることが多いです。日本向けに製造されたレメディの保存料は、以前はビネガーが使用されており、とてもすっぱく、香りもツンとして酸味が強かったですが、現在はグリセリンとなっています。そのため、レメディの味自体が甘く、ペットたちが違和感なく、好んでなめる傾向があります。レメディの1回の使用量は4滴が目安ですが、それ以上になっても全く害はありませんので、必要と思われる滴数お使いいただいて大丈夫です。飲み水に入れたり、お食事に垂らしたり、または直接お口に垂らしたり、手のひらに垂らしてなめさせてあげたりなど、その子にあわせた使い方がいいでしょう。使用する回数も1日4回程度が目安となっておりますが、これも状況にあわせて、その都度その都度で使いたいとき、必要なときにお使いいただいて大丈夫です。

ルームスプレーとしても使えます

レスキュークリームは、手のひらに適量とって、わんちゃんやねこちゃんたちの体にそっと塗ってあげましょう。マッサージするように、やさしくなでてあげる といいでしょう。傷口や虫刺されのあとに塗ってあげるのもいいでしょう。成分上、舐めてしまっても問題あるようなものは入っておりません。
室内の 空間にスプレーをして、お部屋全体にレメディの波動をただよわせるものいいでしょう。わんちゃんやねこちゃんに向かって直接スプレーするのは、「シュッ」 というスプレーの音・刺激が苦手な子が多いので、少し距離をおいて、周りの空間にむかってスプレーしてあげるといいでしょう。ミスト状にレメディが拡散し ますので、それらがわんちゃんたちに優しく降りかかるくらいが丁度いいでしょう。

お風呂に少し垂らしてあげてもいいです

さらには、お風呂に垂らしてあげることもおすすめです。シャンプー剤にまぜてもいいですし、ふだんから入浴をしているわんちゃんたちには、そのお風呂の中 にレメディを垂らし混ぜてあげてください。バッチフラワーレメディは、直接口にするだけでなく、こうしたいろいろな使い方ができます。他にも、わんちゃん ねこちゃんの体調や性格に応じて、使い方を工夫してみるといいでしょう。

体にシュッとひとふき

質問商品アイテムはペット用、人間用とで区別はありますか?

回答

全てのレメディにおいて、動物(ペット)用や人間用と商品自体が製造の段階で区別されているわけではなく、人も動物も同じものを使用します。唯一、レスキュークリームのみ、ペット向けのパッケージ(外箱)で販売されているものがありますが、パッケージを工夫しただけで、中身は同じです。レスキュー+38種のレメディすべて、人が使用するものも、ペットが使用するものも、同じレメディです。ペットの心の状態、人の心の状態、それぞれの体調にあわせてレメディの種類をチョイスし、お使いください。状況によって、また日によって、時間帯によって、心の状態は変わるものです。心の中、気持ちに素直になって、求めているレメディを選びましょう。

家族とペットでバッチフラワーレメディを共有しましょう

また、よくあるケースですが、お家の中でいっしょに暮らしていると、飼い主さまはじめ、ご家族のみなさま、そしてその中で暮らすペットの心の波動が皆で似通ってきます。こんなときは、ご使用の際に、ぜひ、ご家族皆さんで同じ種類のレメディを共有されることをおすすめします。よく、「ペットは飼い主に似る」と言われます。ペットと人、お互いに、毎日意思疎通を交わしていたり、思いやりの優しい心で接していたりすると自然と互いの心は似てくるものです。顔つき、表情までも似てきます。ですので、何かに対して不安に感じたり、かなしく思ったりしたら、そのときは、ペットと家族、みんな何かしら同じ気持ちを感じているはずです。見た目には分からなくても、心の奥底では、同じ気持ちを共有しているはずです。心が少しでも楽になれるように、レメディを使用して、あたたかく見守ってあげてくださいね。

アロマとレメディは異なります

質問レメディとアロマは同じものですか?

回答

まったく異なるものです。よく勘違いされることが多いですが、物自体が違うのと使用にあたってのベースとなる考え方も違います。レメディは、お水かごはんに垂らして、体の中に入れるものです。直接、口の中に垂らして飲むこともします。クリームやジェルを皮膚に塗ることもします。香りをかいで癒されたり、精油の各種成分を利用して、効果を求めたりするものではありません。どちらも、もともとが「お花」を使用してできているものであることから、同じものとして捉えられがちですが、根本的に全く違うものです。書物や文面からは、その辺りが理解しにくいかと思いますが、実際に現物を見てみたり、使用してみたりすると、明らかに違うものであることが納得できると思います。

取扱アイテム
たくさんの取扱アイテムをご用意しています

38種類のレメディ

レスキューシリーズ

 

(レスキューレメディ)(レスキュークリーム)(レスキュージェル)
(レスキュースプレー)(レスキューナイト)(レスキューパステル)
(レスキューバーム)

トリートメントボトル(サイズ 30ml、10ml)

スプレーボトル(サイズ 20ml)

 

より詳しく読む・レメディの購入などはこちらからどうぞ